整髪剤が頭皮につくと・・・

整髪剤が頭皮につくと・・・

ファッションが多様化する現代、髪型も人さまざま、いろんなパターンを選択することができます。

 

髪型で自身のセンスを輝かせられる一方で、髪型が抜け毛・薄毛に作用することもあるので注意が必要です。

 

髪をしっかり縛り続けると、髪に負担がかかり薄毛につながります。

 

また、同じ場所で分け目を作り続けえると、分け目の部分の髪が衰退する場合があります。

 

髪型を整えるために、ワックスやムーズといったスタイリング剤を使用しますが、このスタイリング剤に含まれる油分が毛根につまり、抜け毛につながる危険もあります。

 

髪型は毎日同じように縛ったり、同じ位置に分け目を作ったりしないよう工夫し、日によって調整するとよいでしょう。

 

スタイリング剤は使用料を加減し、必要以上につけないようにします。そして、洗髪時には、スタイリング剤が髪に残らぬよう丁寧に流しましょう。

 

カラーリングやブリーチ、パーマなどを行うことも一般的ですが、これらも髪や頭皮の負担となります。

 

カラーリングやパーマを繰り返すことで頭皮へのダメージが大きくなり抜け毛・薄毛を促進します。

 

パーマやカラーリングの際は、頭皮に薬剤がつかぬよう注意を払いましょう。

 

また、頻繁に行わず、できるだけ間隔をあけて実施するのが望ましいです。

 

他にも、毎日欠かさずドライヤーを使う場合もあると思います。高温の熱を頻繁に髪に充てることは頭皮にダメージを及ぼします。

 

ドライヤーを使用するときは高温を避けるのが良いでしょう。

 

髪型は自己主張の一つであり、ファッションの重要なポイントですが、過度なスタイリングは頭皮にダメージを及ぼし、薄毛を誘発します。

 

髪への負担を考慮し、上手におしゃれを楽しんではいかがでしょうか。