食事と育毛

食事を意識するだけで大きく変化

食事は体への影響が非常に大きく、髪の毛への影響も多大です。

 

香辛料などの刺激物、コーヒーなどによるカフェイン、ジュース類など炭酸を過剰に摂取することは髪の毛の発育の妨げになると言われています。

 

普段の食事で、油分や塩分を摂りすぎている方も要注意です。

 

ハンバーガーやフライドチキン、といったファーストフードや、菓子パンなどの摂りすぎには注意しましょう。

 

加工食品も塩分が多いので注意が必要です。

 

現在の生活の中にはこれらの食品があふれ、意識なく摂取してしまいますが、頭皮の健康、抜け毛対策のためにはできるだけ避けることが望ましいと言えます。

 

昔から言われる、わかめなど海藻類は、ヨウ素を多く含み、摂取することで甲状腺の働きが高まり育毛が促進されます。その際、良質のたんぱく質を一緒に摂取するとより効果が高まります。

 

他にも、玉ねぎやにんにくも育毛の手助けをしてくれます。玉ねぎやにんにくは用途が多いので毎日効率よく食べたいものです。

 

ただし、玉ねぎやにんにくは刺激も強いので、食べすぎないよう注意して摂取してください。

 

また、髪の毛は、たんぱく質(ケラチン)でできているのですが、このたんぱく質の合成には亜鉛が必要です。

 

すなわち、良質のたんぱく質を摂取していても亜鉛がないと、髪の毛をつくることができないのです。

 

亜鉛は貝類などに含まれる成分ですが、亜鉛を効率よく吸収するにはビタミンCとクエン酸が必要です。かんきつ類でビタミンCを取り入れるとよいでしょう。

 

塩分、油分、嗜好品などの過剰摂取を避け、良質なたんぱく質と、海藻類、ビタミンCなどを取り入れたバランスの良い食事で、健康な体はもちろん、健康な髪を守りましょう。

 

ただし、育毛や抜け毛は育毛剤の力が必要です。